architects_nov2016

【NEWS】メタルコアバンドArchitectsのドラマーが「なぜライヴをキャンセルしたバンドを憎むべきではないのか」を語る

Published On 2017年8月8日 | By admin | NEWS, TOP PICKUP

先々週に開催されたフェスMetaldays festivalへの出演をキャンセルしたUK,ブライトン出身メタルコアバンドArchitectsは一部ファンから批判を受けました。そしてそれに対しドラマーのDan Searleが自身の考えをTwitterで語りました。

僕たちは先々週のMetaldays festivalをキャンセルしたことで批判を受けた。みんなががっかりしていることもお金を払ってるってことも理解してる…

でも残念なことにバンドは機械ではなく人間がやっていて、時々優先しなければならないことが起こるんだ。

僕たちが笑ってライヴをキャンセルしているかのように考えて、話している人たちがいる。僕たちもお金がかかっているし、演奏するのが僕たちは大好きだよ。

全然信用されていないみたいでがっかりするよ。Tomの病気が理由でキャンセルした時も同じような批判を受けたんだ。

僕たちはキャンセルの理由を言うことができなかった。なぜならそれはプライベートなことだったから。これに関わっている人間がいるということを忘れている人がいるのは残念なことだよ。

はっきりさせておくけど、僕たちは元気だし、健康に問題もない。だけど、障害になることがやってきて、それに責任を持って取り組まなきゃいけないこともある。残念だけどそれが人生だからね!

僕たちがライヴをキャンセルするのは絶対にそうしなければいけないときだけだよ。僕たちは家で日光浴をしてテレビを見てなんかいない!!!

絶対に日光浴なんてしてないよ。僕たちはイングランドに住んでるんだから。

              


One Response to 【NEWS】メタルコアバンドArchitectsのドラマーが「なぜライヴをキャンセルしたバンドを憎むべきではないのか」を語る

  1. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】メタルコアバンドArchitectsのフロントマンSam Carterがライヴ中に痴漢を発見し、「クソ野郎のための場所はここにはない」とステージから男を非難