BackwardRegion

【PREMIERE】ポップパンクバンドBackward RegionのNew EPから新曲 “FAKE END” をAP独占先行公開 Neck Deep好きにオススメ!

Published On 2017年8月6日 | By admin | Features, TOP PICKUP

岡山出身ポップパンクバンドBackward Regionの新曲 “FAKE END” をAP JAPAN独占先行公開!

この曲は9/1にセルフリリースされる、デビューアルバム「INVICTUS」以来5年ぶりのNew EP「FAKE END」に収録されます。またバンドはリリースに併せて本日バンド・オフィシャルストアをオープン、バンドルセットの予約受付がスタートしています。以下新曲 “FAKE END” のストリーミングをチェックして、ぜひ感想を聞かせてください!Neck Deep好きにオススメ!
 

 
今作のリリースに至るまでのこの5年間、メンバー脱退等もあり、思うように活動ができなかったことが、この楽曲を作るきっかけになったとバンドは語ります。

「前作から5年間、メンバー脱退等の色々な問題が積み重なって、長い間したい事が思うようにできなかったんです。でもバンドを終わらせるなんて事は絶対したくなかった。それで、むしろこれがよく言う ‘ピンチはチャンス’ だと捉えて、もう終わりだと思ったところからもがいて這い上がってくることができたんです。」

そしてその中での気づきが “FAKE END” の歌詞になったと続けます。「その問題をを乗り越えないといけない時に、気付けば過去や未来の事ばかりで頭が一杯になっていて、今を台無しにしてしまってる事に気づいたんです。そして「もう見失わない、今この瞬間を刻み込んで変えてやる」って自分に誓って “FAKE END” の歌詞を書きました。なのでこの曲では「今」に焦点を当てた事を歌ってます。」

さらにこの曲では新たな試みに挑戦したこと、そしてこの曲のタイトルが意外なところから取られていることを明かしてくれました。

「この曲は新しい試みとして歌詞の内容と曲の構成をリンクさせる事に挑戦していて、途中のブレイクで曲が1回終わった様な形にしてFAKE END(偽りの終わり)を表現しています。実はこれは意外に思われるかもしれませんが、自分は日本のアニメが大好きで、この曲のタイトルは「ノーゲーム・ノーライフ」と言うアニメの第8話のタイトル「起死回生《フェイクエンド》」からインスパイアされてつけたんです。だからこの曲には「起死回生」という意味もあって、その途中のブレイクでは起死回生するという意味と、3度目の正直という意味を込めて3回ブレイクがあります。そういう自分にとって新しくて面白い試みに挑戦して形にする事が出来て、作曲面でも新境地に行けたと思います。」

NEW EP「FAKE END」では、この曲も含めて全体を通して「今」を表現しているとバンドは語ります。

「今回のEPはメンバー脱退から10代の若い新メンバーを迎え新体制になり、今ここからまた1からやってやろうぜという事で作った作品です。なのでジャケも俺たちの「今」と言う事で、自分達がメインで使っている機材達を並べて写真を撮ってそれをジャケにしました。このEPを通して改めて「自分が今ここにいるという事」を再認識して刻み込もうと思ったので、それをみんなが聴いてくれて、それぞれが感じてくれて、ライブや日常で共有できれば最高だなと思っています。」

 
「BLINK-182やNEW FOUND GLORY等のバンドに影響を受けて来て、結成からずっと追い求めてる自分たちのPOP PUNKをより追求したサウンドになっています。皆さん、ついに俺たちのカムバックを証明できる最高な曲が出来ました。これからまた宜しくお願いします。こういう発信の場を与えてくれて特集してくれたAP JAPANと見てくれている皆さんに心から感謝します。」

FAKE END

1. FAKE END
2. MEMENTO MORI
3. ONE BRIDGE

              


Comments are closed.