Stone_Sour_2017_Travis_Shinn

【NEWS】Stone Sourのライヴ中、会場中で「Fuck Nickelback」コールが巻き起こる

Published On 2017年7月19日 | By admin | NEWS, TOP PICKUP

[Photo credit: Travis Shinn]

先日行われた音楽フェスChicago Open AirでのStone Sourのライヴで、会場中で「Fuck Nickelback」コールが巻き起こりました。(via Loudwire)

Stone Sourがバラード “Bother” を演奏する前に「Fuck Nickelback」コールが巻き起こり、予期せぬオーディエンスの行動にフロントマンCorey Taylorも笑いながら「みんな最高だよ。」と語りました。「さぁ、思う存分吐き出しな。騒ぎな、美しく、クレイジーなクソ野郎たち。」

以下その時の映像をチェックして、ぜひ感想を聞かせてください!
 

 
なぜこのコールが起こったのか?それは先月Chad Kroegerがインタビューで「Stone SourはNickelbackほど良くはない」と語ったことから始まった2人のビーフがきっかけでした。

Kroegerは「Corey Taylorは以前メディアで僕のことをこき下ろして、ヒット曲を書くのは簡単だと言っていた。じゃあ見せてくれよ。僕に見せてくれ。1曲書いてくれ。僕はまだ1曲も聴いてないよ。」「彼らは良いと思うよ。でも彼らはNickelbackほど良くはない。彼らのサウンドはライトなNicklebackみたいだ。」と語り、その発言を受けてCorey Taylorもインタビューで「俺は彼がいったいどんな星に住んでいるのか分からないけど、どうやらそれはKroeger星らしい。そしてそこには絶対良い大麻があるはずだ。だって彼はバカだからね。」「俺はあのバンドのみんなが大好きなんだ。Mike (Kroeger)は大好きだよ。他のみんなと俺は一緒に遊ぶし、すごく、すごく、クールな仲なんだ。ただ ‘足みたいな顔’ のやつとは仲良くはできないね。彼は足みたいな顔をしているだろ。俺は間違ってる? だからあいつは、ベッドであいつのハローキティの枕に抱きついて黙ってればいんだよ。」と語っていました。

 
Stone Sourは先月末に6枚目となるNewアルバム「Hydrograd」をRoadrunner Records/Warner Music Japanからリリース、9月にはスペシャルゲストにMAN WITH A MISSIONを迎えて来日ツアーを行います。

Stone Sour Japan Tour 2017:

2017/9/4 (月) 東京 ZEPP DIVERCITY
2017/9/5 (火) 東京 ZEPP DIVERCITY
2017/9/7 (木) 名古屋 ZEPP NAGOYA
2017/9/8 (金) 大阪 ZEPP OSAKA BAYSIDE

StoneSour_cover
 
1. YSIF
2. Taipei Person/Allah Tea
3. Knievel Has Landed
4. Hydrograd
5. Song #3
6. Fabuless
7. The Witness Trees
8. Rose Red Violent Blue (This Song Is Dumb & So Am I)
9. Thanks God It’s Over
10. St. Marie
11. Mercy
12. Whiplash Pants
13. Friday Knights
14. Somebody Stole My Eyes
15. When The Fever Broke

              


One Response to 【NEWS】Stone Sourのライヴ中、会場中で「Fuck Nickelback」コールが巻き起こる

  1. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】NickelbackのメンバーがChad Kroegerの失礼な発言をCorey Taylorに謝罪