fan_favorite_albums_2017_so_far

【FEATURES】本国APの読者が選ぶ2017年上半期ベストアルバム TOP 5

Published On 2017年6月18日 | By admin | Features, TOP PICKUP

2017年にリリースされた作品の中から、本国APの読者が選んだ上半期ベストアルバム TOP 5をご紹介! あなたの好きな作品は入っているでしょうか? もし、まだ聴いたことが無い作品があればこれを機会にぜひ聴いてみてください!

5. Palisades「Palisades」
Palisades_cover

7月からONE OK ROCKの北米ツアーにサポートアクトして出演することも決定しているニュージャージー,イズリン出身ポストハードコアバンドPalisadesの3rdアルバム。R&B、EDMを取り入れた新世代ポストハードコア。

4. Motionless In White「Graveyard Shift」
MotionlessInWhite_cover

ペンシルベニア,スクラントン出身メタルコアバンドMotionless In WhiteのRoadrunner Records移籍後初、メジャーデビュー作となる4thアルバム。本作にはKornのフロントマンJohnathan Davisがゲスト参加した曲もあり、インダストリアルにニューメタル的要素もプラス。

3. The Maine「Lovely Little Lonely」
TheMine_cover

本国で根強い人気を誇るアリゾナ,テンペ出身ポップロックバンドThe Mianeの6thアルバム。とびきりポップな曲が勢揃いしたバンド史上最高にキャッチーなアルバムとなった本作がポップロック好きの心を掴まないわけがありません。

2. Paramore「After Laughter」
Paramore_cover

名盤「Paramore」以来4年ぶりにリリースされたParamoreの5thアルバム。1stシングル “Hard Time” をはじめ、これまでのParamoreとは一線を画すニューウェーブサウンドへとシフトした本作ですが、「私たち自身が楽しむことにもっと集中したい」とフロントウーマンHayley Williamsが語ったように、伸び伸びと音楽を楽しむ新たなParamoreの前向きな楽曲が多くの人に受け入れらたのでしょう。

1. All Time Low「Last Young Renegade」
ATL_cover

Fueled By Ramen移籍後、初のリリースとなったAll Time Lowの7thアルバム。これまでの流れをくみつつも、サウンド面でより新たな領域へと足を踏み出した彼らの意欲作に一番票が集まる結果となりました。来年で結成15年を迎えるバンドの勢いはまだまだとどまるところを知りません。


そして惜しくもTOP 5には入らなかったものの、ファンからのアツい支持を受けている以下5作品もぜひチェックを!

Halsey「hopeless fountain kingdom」
Halse_cover

Billboard Top 200チャートで初登場1位を獲得した、ニュージャージー,ワシントン出身オルタナポップ・アーティストHalseyの2ndアルバム。

AFI「AFI (The Blood Album)」
AFI_cover

Billboard Top 200チャートで初登場5位にランクインし、初登場1位を記録した2006年作「Decemberunderground」に次ぐ好成績を収めたAFIの10thアルバム。

As It Is「Okay」
AsItIs_cover

デビューアルバムで一気に注目を集め、あっという間にUKポップパンク・シーンを代表するバンドへとの駆け上がったUK,ブライトン出身ポップパンクバンドAs It Isの2ndアルバム。

Grayscale「Adornment」
Grayscale_cover

今年Fearless Recordsと契約しリリースした、フィラデルフィア出身ポップパンクバンドGrayscaleの2ndアルバム。レーベルメイトでもあるAs It IsのフロントマンPatty Waltersがゲスト参加した楽曲も。

Volumes「Different Animals」
Volumes_cover

こちらも昨年Fearless Recordsと契約したカリフォルニア,ロサンゼルス出身Djent/メタルコアバンドVolumesのrdアルバム。新ボーカリストMyke Terry(元Bury Your Deadのフロントマン)加入後、初の作品でもあります。