the_1975

【NEWS】The 1975のフロントマンMatty Healyがなぜインディーシーンが嫌いかを語る

Published On 2017年5月30日 | By admin | NEWS, TOP PICKUP

UK,マンチェスター出身インディーロックバンドThe 1975のフロントマンMatty Healyがなぜインディーミュージック・シーンが嫌いか、そして中毒を克服することについてThe Timesのインタビューで語りました。

インタビューは間違いなく大麻の匂いが残るHealyの家のキッチンで行われました。Healyは彼のロンドンの家の中の匂いを「Bob Marleyの靴下の中」と例えます。そして彼は子供時代、母親がコカインとアルコール中毒だったと話しました。母親は2011年以降はクリーンな生活を送っており、Healyも同じ年からクリーンな生活に取り組んでいます。

「もう僕は全然飲んでいないんだ。少なくとも家では飲んでいない。僕はまだ大麻は吸ってるけど、それはほとんど害がないと考えてのことなんだよ。」

HealyとThe 1975はIt Gets Better Project(若年層LGBTを守る団体)と組んで彼らの大事な主張の為に戦っており、The 1975の曲 “Loving Someone” をテーマにしたIt Gets Better Hoodieを販売し、プロジェクトのサポートを行っています。そのマーチの収益はすべてIt Gets Better Projectに寄付されます。

しかしそれに無関心なインディーミュージック・シーンにHealyはうんざりしています。

「まぁ、みんな「自分に関係ないことはどうでもいい」って感じなんだ。」とHealyは語ります。「なんでミュージック・シーンの中でインディーが一番嫌いかって言うと、あのシーンは、ミュージシャンとして悪い判断をされないように関わらないようにしているんだ。でも時代は進んでる。僕はマックルズフィールド出身の特権中流階級だよ。僕は自分を偽ることなんてできない。」

この記事もチェック⇒【NEWS】The 1975のフロントマンMatty Healyがマンチェスター自爆テロ事件に対し「メチャクチャ頭にくるよ」とコメント

              


One Response to 【NEWS】The 1975のフロントマンMatty Healyがなぜインディーシーンが嫌いかを語る

  1. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】先週の注目記事 TOP 10 (5/28〜6/3)