First_show

【FEATURES】14人のミュージシャンが語る、自身のバンドの一番最初のライヴ

Published On 2017年3月21日 | By admin | Features, TOP PICKUP

Alex Costello(ROAM)
ROAM-Red-Carpet-Studio-@GRIZZLEEMARTIN-3
(高校時代)休みに母親とドバイにいる友人に会いに行く約束をした。ドバイにいた僕の友人はメタルバンドをやっていて、彼は「僕は速弾きのメタルバンドをやっていて、クリーンボーカルを入れようかと思ってるんだけど、やらないか?」って僕に言ってきたんだ。そしてドバイで僕たちは練習をした。そしたら彼が「ヤバいね。来週ライヴをやらないか?」って言ってきたから、僕は「えっと、、、やろう。」って答えたんだけど、だんだん緊張してきたんだ。僕は普段John MayerやTaylor Swiftを聴いて、アコースティックギターでプレイしていただけだったからね。だから僕の最初のライヴはドバイのメタルバンドだよ。僕たちはコミュニティープールの部屋でライヴをやって、その後プールに飛び込んだんだ。

 
Benji Madden(Good Charlotte)
Good_Charlotte_2016
Good Charlotteの一番最初のライヴはPhil Millerの地下室であったDayBreakのライヴのオープニングだった。DayBreakは僕たちの高校のGreen Dayのカバーバンドで、彼らはすごく人気があったんだ。だから僕たちにとっては彼らのオープニングをやることはすごく大きなことだったんだ。Joelが歌う後ろで、オリジナルを8曲を演奏したよ。ライヴを見てたのはたしか12人だったかな。あれは最高だった。僕たちは夢中だったよ。

 
Ally Einbinder, Abby Weems(Potty Mouth)
PottyMouth
Einbinder: 私達の最初のライヴは、2011年にマサチューセッツ西部にあるパンクハウスに地下室だった。そのライヴはツアーバンドがブッキングしたものだったから、地元のオープニングバンドとして結成したばかりの私達のバンドが出演したの。私たちはバンドを組んで3ヶ月しか経っていなくて、5曲しか持ち曲がなかったんだけど、Victoria(ドラム)が夏の間、南カリフォルニアに行くことになっていたから、その前にライヴをやりたいと思っていたの。あの時Abby(ボーカル/ギター)と私はアンプを持っていなくて、他のバンドから借りなくてはいけない状態だったんだ。

Weems: まだ結成したばかりのバンドだったけど、ライヴをやるのは私たちにとっては良い目標だった。ライヴをやるために必要な曲を書く後押しにもなったし、楽しみためだけに始めたバンドだったけど、ライヴをやることで本気になれたの。

 
Chris “Fronz” Fronzak(Attila)
Attila_2017
Attilaの最初のライヴは絶対に忘れないよ。あれは2004年のハロウィンの夜で、誰かの家の前の車道でやったんだ。ハウスライヴですらなくて、車道だよ!あれは最高だった!カチッと音を立てみたいにすべてがしっくりきて、あの夜は僕のキャリアですごく大きな出来事だった。当分はステージの上、もしくは車道が俺の居場所になることを知ったんだ。

 
Daniel Wand(Capsize)
Capsize
実際、あれはかなり思いつきでやったものなんだ。全員が15歳だったときの話だよ。僕がいた高校や中学校の色々なローカルバンドがライヴやっていてたんだけど、シンガーはマジで2〜3日前まで家に閉じこもってたようなやつだったんだ(笑) それで彼らは僕を引っ張り上げて、僕にやらせた。僕は自分が何をやっているのかすら分からなかったんだけど、彼らが演奏を続けてくれてライヴを終えることができたんだ。たぶん今までで一番最悪な出来事だったけど、あれが僕の一番最初のライヴだよ。

 
Garret Rapp(The Color Morale)
the_color_morale_2016-web
あれはSteve(ドラム)と僕がThe Color Moraleになる前のローカルバンドにいた時だっと思う。僕たちは持ち曲が6曲あって、たしか2曲に歌詞が付いていたんだけど、それがすごく即興的なものだったんだ。僕はものすごく飽きっぽいから、計画されたものよりも即興の方が僕には合ってるんだ。

 
Levi Benton(Miss May I)
2017-MOST-ANTICIPATED-717x463_MISS_MAY_I
僕たちが一番最初にやったライヴは地元のライヴなんだけど、地元でライヴをやるのも、地元のバンドを観るのも初めてだった。結成以来、自分たちのバンド以外にはアリーナでやるようなバンドしか見たことがなかったから、ライヴの規模の小ささに困惑したし、オーディエンスが家族と何人かの親友だけで、30人くらいしかいなかったからさらに困惑したんだ。舞台に上がって、オーディエンスに向かって何を言えば良いのか、どう動けば良いのかも分からなかったことを覚えてるよ。僕は基本的に、女物のブーツカットのジーンズを履いて、オフビートに合わせて腰を振っているディスコバンドにいるやつのように見られていたんだ。目の前のライトが熱すぎて、もう2度とライヴはやりたくないって言ってたのを特に思い出すよ。何千回もライヴをやった後の今では、自分が思ってたより悪くないと思うけどね。

 
Matty Mullins(Memphis May Fire)
memphis_may_fire_aug_2016
僕はワシントン,スポーケンからテキサス,ダラスまでMemphis May Fireのオーディションのために飛んで行ったんだ、どうなるのかも全くわからないままね。セッションを終えた後にKellen(ギター)が僕を見てこう言ったんだ。「いいね。2週間後のライヴに戻ってこられる?」って。まだ19歳の僕は困惑したけど、同時に興奮もしていたんだ。家に戻った僕は、アパートの小さな部屋の僕と妻の荷物を詰め込んで、新しい人生を始めるためにダラスへ向かったんだ!

 
Matty Taylor(Tennis System)
TennisSystem
僕の兄弟が僕たちに頼んできたんだ。DCのThe Blac Catで彼のバンドがライヴをやるからオープニングをやってくれないかってね。そこはDave Grohlが共同オーナーをやってる大きなライヴハウスで、僕の兄弟のバンドにはたくさんのファンがいたんだ。すごく緊張したけど、あれが僕をハングリーにしてくれた。僕は彼の陰に隠れていたくはなかったからね。あとあの時セカンド・ギタリストと初めて一緒に演奏したんだ。僕が曲を全部書いているんだけど、そのうちの2曲を僕が忘れてしまった。途中までやって、僕が「僕にまかせろ」って言ったらすべてを思い出したんだ。

 
max(MAX)
MAX_2016_Header
「チャーリーとチョコレート工場」(ミュージカル)だね。僕は5歳の時ウンパルンパの王様役をやったんだ。彼らが僕を担いで運ぶんだってすぐに分かった。あれは楽しい時間だったよ。

 
Mike Fuentes(Pierce The Veil)
Pierce_The_Veil_-_March_2016
高校生の時、僕はNick Martinとバンドを組んでいたんだ。そのNick Martinは今Sleeping With Sirensでギターをプレイしてる。高校生の時に僕とNickはUndermindedっていうバンドを始めたんだけど、最初にやったライヴは高校の昼休みだったと思う。何回かやったんだけど、一番最初にやったライヴで僕たちはものすごく緊張してて、すごくおかしかったよ。教室の後ろの広い草むらで、僕たちは4回プレイしたんだ。僕たちがやったライヴでひとつ覚えてるのは、学校が私立だったんだけど、モッシュピットが起こって先生にライヴを止められたんだ。キッズ全員が怒ってたよ。先生は「絶対にモッシュは禁止」と決めたんだけど、僕はそのルールが嫌だった。僕たちがライヴをやった後、僕たちの友人も、学校で仲良くしていなかったやつも、全員が「お前たち最高だったよ。すごくカッコよかった。どこでCD買えるの?」って言ってきたんだ。そうなって僕たちは「ここでライヴができたんだから、地元のライヴハウスでライヴができないかな」って思って、そこから僕たちはデモのレコーディングを始めた。そしてCDに焼いて、高校で無料で配ったんだ。その後ライヴハウスでライヴをやるようになってプロモーションを始めて、学校の仲間とライヴに来れそうな人みんなを掴まえた。それから一生懸命頑張ってもっと曲も書いて、とにかくやり続けたんだ。

 
Spencer Ussery(Big Jesus)
bigjesus_2017
僕たちの最初のライヴは、アトランタ東部にある529っていうライヴハウスでやったColiseumのサポートだったんだ。友達のWHORES.がオープニングアクトだったよ。僕は簡易PAシステムに直接ギターを繋いでライヴをやったんだ。僕は他の機材を何も持っていなかったからね。僕たちの最初のライヴは完全に狂ってたよ。

 
Awsten Knight(Waterparks)
waterparks-news
Waterparksの最初のライヴはめちゃくちゃ小さなライヴハウスで僕たちはトリだった。僕たちは前売りでチケットをすべて売って、完全にソールドアウトさせたんだ。でも何らかの理由で、数ビート毎にハロゲンランプが点滅するだけになってしまって、部屋は完全に真っ暗で、僕たちのライヴ中は何も見えなかった。あとオープニングアクトがDWHBっていうラップグループと、Invent, Animateっていうメタルバンドと、僕たちが作ったPIZZAっていうバンドだったんだけど、PIZZAは僕たちがライヴをやる前の15分間、ステージにピザとマイクを置いただけだったんだ。最初のライヴをやったのは11/10で、最高のクリスマス・スピリットを持った、最高のバンドだったね。

              


NM_SALE_300

One Response to 【FEATURES】14人のミュージシャンが語る、自身のバンドの一番最初のライヴ

  1. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】先週の注目記事 TOP 10 (3/19〜3/25)