A_Skylit_Drive_-_2015_620-400

※UPDATE【NEWS】A Skylit DriveのクリーンボーカルMichael “Jag” Jagminが脱退:Jagが新たにコメントを発表「僕は決してASDを辞めていない」

Published On 2017年3月20日 | By admin | NEWS, TOP PICKUP

UPDATE:バンドの脱退発表を受け、Twitterで「僕は決してASDを “脱退” はしていない。」と語っていたMichael “Jag” Jagminが新たなコメントをFacebookで発表しました。

今朝早くA Skylit DriveのFacebookページで僕の脱退が発表されて、僕が2016年に生まれた娘と家族の為に家にいると選択したことをNickはサポートすると語っていたけど、この主張は両方とも完全に間違っているんだ。

1. 僕は決してASDを辞めていない。残念ながらNickと僕はお互いの違いを受け入れられないところまで来てしまったんだ。僕たちは数々の変化を我慢してきたし、バンドを終わらせるべきだと僕は強く感じていた。Nickはそれにはっきりと反対していて、フランケンシュタインのようにバンドを続けるべきだと思っていたんだ。

2. Nickと僕がバンドの為の曲を書いていた2016年の始めまで話を戻すと、僕が妻の妊娠と出産に付き添い、それを支えられるように、僕たちはツアーを休止しようと決めたんだ(でも将来のために新曲は書くことにした)。僕たちの活動休止をファンのみんなに理解してもらうために、この決断を発表してもよかったんだけど、Nickはそれを良く思わなかったんだ。僕の人生の大きな変化をオープンにサポートすることは難しいという結論に彼が行き着いたから、僕たちは沈黙を通したんだ。

ここでは僕たちがこの1年間行ってきた法的問題にも、バンドがスタートしたときからあった内部の闘いにも触れていない。

言うべきことはたくさん残ってるし、いつかそのすべてを話す準備ができたら、みんなに最初に話すよ。

みんなの無限の愛とサポートに感謝してる。日々側において大事にしてるよ。僕から新曲をもうすぐ届けるから期待していてね!

- Jag

これに対するバンドからのコメントは今のところありません。


カリフォルニア,ローダイ出身ポストハードコアバンドA Skylit DriveのクリーンボーカルMichael “Jag” Jagminがバンドを脱退しました。

バンドはFacebookで以下のようにコメントしています。

みんな、Nickだよ。まずは去年一年サポートしてくれたみんな一人ひとりに感謝を伝えたい。すごく久しぶりだね。みんながすごく恋しいし、みんなのためにプレイしたいよ。

みんなも知ってる通り、僕たちは9年以上に渡ってフルタイムでツアーを続けてきた。必然的に、人は成長し、人は変わる。そしてそれは問題ない。バンドはフル回転で燃え上がることで多くの注目を集める。Jagは2016年にバンドを離れて家に残ることを選んだ。これが理由で活動が止まったんだ。僕たちにとっては時間をあけるのは苦しいことだったけど、僕たちは彼と彼の家族をサポートする。僕たちが個人の生活にフォーカスしている間に、整理する必要があったビジネス面のこと(楽しくないこと)をやらなければならなかったんだ。

始めに話したように、人は変わり、それは人生を動かすんだ。JagはA Skylit Driveを脱退した。これはお互いに納得して出した決断だし、彼の健闘を祈ってる。(彼は最近娘が生まれたんだ、おめでとうJag。)

今バンドは宙に浮いた状態だけど、ASDですごくクールなアイデアがある。曲を書いて、動いているんだ。サポートしてくれるみんなに感謝してる。みんながA Skylit Driveの生命力なんだ。別の発表をもうすぐするから待っててね。

 
またJagも自身のTwitterでコメントを発表しており、この話はどうやらバンドが語るような友好的なものではないようです。

僕はこれを完璧にクリアにしたいんだ。今日Nickが発表したコメントに僕は一切関わっていない。僕は決してASDを “脱退”はしていない。真実がもうすぐ分かるよ。

Jagは2008年にJordan Blakeに代わりバンドに加入、リリースした5枚のアルバム「Wires…and the Concept of Breathing」「Adelphia」「Identity on Fire」「Rise」「ASD」すべてに参加しています。

              


Comments are closed.