newfoundglory_2017

【FEATURES】New Found GloryのギタリストChad GilbertがNewアルバム、1stシングルのMusic Videoについて語る:「パイコンテストのシーンで、笑わずにただパイを食べるのは難しいんだ。」

Published On 2017年3月19日 | By admin | Features

[Photo Credit: David Bean]

先月公開された “Happy Being Miserable” のMusic Videoは、映画「Stand By Me」からインスパイアされたNew Found Glory史上最もおかしく、最も気持ち悪いVideoでした。そしてこの曲は4/28にリリースされるNew Found Gloryの9枚目となるNewアルバム「Makes Me Sick」からの1stシングルということで注目を集めました。

今回、シングル “Happy Being Miserable”について、Music Video撮影について、Newアルバムについてを、ギタリストのChad Gilbertに訊きました。

 
──“Happy Being Miserable” がNewアルバムからの1stシングルだったわけですが、反応はいかがでしたか?

Chad Gilbert: 僕が望んでいたよりもすごくいい反応だったんだ! 多くの頑固なファンに新しい曲が受け入られるには時間がかかるだろうと思っていたんだけど、これは早かった! ファンが楽しい音楽をまた聴けてどれだけ興奮したかとか、どれだけこれを必要としていたかとか、たくさんのフィードバックをもらったんだ。歌詞がグッとくるっていうコメントをたくさん見たし、この曲でファンになったって言う人もいたよ。

 
──“Happy Being Miserable” をリードシングルに選んだ理由を教えていただけますか?

Chad Gilbert: New Found GloryがNewアルバムをリリースする時、最初に出すのはいつも繋ぎとなる曲なんだ。新しいアルバムに入っている要素を表してはいるんだけど、古い要素も入っている。シンセの要素とサビのメロディックな面は、Newアルバムからのちょっとした前菜だよ!

 
──Music Videoを作るにあたって最も驚いたことはなんですか? 全員でお互いに吐き合うというコンセプトですか?

Chad Gilbert: 吐き合うシーンはずっと楽しかったんだ!あのVideoの撮影は大変だったよ。撮影中は笑わないように何度も集中した。パイコンテストのシーンで、笑わずにただパイを食べるのは難しいんだ。Ianが食べている時に出していた音で、ファンが気持ち悪くなってたよ。
 

 
──生卵は大丈夫でしたか? ※アメリカでは、卵は加熱することを前提に販売されているため、生で食べると食中毒になる可能性が高い

Chad Gilbert: もし卵の影響が何かあったとしても、僕たちは本当に何も話すことができないんだよ。Jordanはまったくいつも通りだからね。お構いなしなんだ。

 
──昨年アルバムについて聞いた時、あなたは最も責任ある歌詞と楽しい音楽になっていると話していましたが、どんなトピックをどの曲で掘り下げているのか具体的に教えていただけますか?

Chad Gilbert: アルバムの中のお気に入りの曲で “The Sound Of Two Voices” っていう曲がある。サビで「I don’t want what I want/Because what I want/It just might kill me(欲しいものが欲しくはない。なぜなら僕が欲しいものは、僕を殺すかもしれないから。)」って歌ってるんだ。僕が行ったライヴで、シンガーがステージからファンに向かって「みんなを幸せにするために、みんなが人生で望んでいることをやるよ。」って言って、彼らみんなでビールを飲み干した。もしオーディエンスの中にアルコール中毒の治療をしている人がいたらと思って、イラッとした。みんなが望む幸せが飲むことなのかを、彼らは最後に聞く必要があったんだよ。彼らはもしかしたらオーディエンスの人生を壊したかもしれない。僕たちが望んでいるものが、必ずしも自分たちにとってベストなものだとは限らないっていうことを知って、もっと考えようっていうことを歌っているんだ。弱点は弱いものなんだ。君のためになる制限があることを恐れちゃいけない。

 
──アルバムのお気に入りの曲を教えていただけますか?

Chad Gilbert: 常に変わるんだけど、今のトップ3は “Barbed Wire”, “The Cheapest Thrill”, “The Sound Of Two Voices” だね。

 
──これから20周年記念ツアーが始まり、初期アルバムの全曲再現をやるわけですが、このツアーで新曲が披露されることもあるのでしょうか?

Chad Gilbert: “Happy Being Miserable” は間違いなく聴けると思ってくれていいよ。アルバムが出たらもっとやるかもしれないけど、このツアーが終わるまでアルバムは出ないんだ。このツアーはアルバムのリリースを知らせる感じだね。その後のツアーではみんなのためにもっとやるよ。
 
 
newfoundglory_makesmesick
New Found Glory「Makes Me Sick」
2017.4.28 In Stores
Hopeless Records

1. Your Jokes Aren’t Funny
2. Party on Apocalypse
3. Call Me Anti-Social
4. Happy Being Miserable
5. The Sound of Two Voices
6. Blurred Vision
7. Say It Don’t Spray It
8. Barbed Wire
9. Short and Sweet
10. The Cheapest Thrill

バンドはSum 41, Good Charlotte, 5 Seconds Of Summer等と共に8/19(土)、8/20(日)に東京、大阪で開催されるフェス「SUMMER SONIC 2017」に出演します。

              


NFG_記事

NM_MERCH_AD

2 Responses to 【FEATURES】New Found GloryのギタリストChad GilbertがNewアルバム、1stシングルのMusic Videoについて語る:「パイコンテストのシーンで、笑わずにただパイを食べるのは難しいんだ。」

  1. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】来日も決定しているNew Found GloryがNewアルバム「Makes Me Sick」のレコーディング風景を収録したメイキングVideo第3弾を公開

  2. Pingback: ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】来日も決定しているNew Found GloryがNewアルバム「Makes Me Sick」のレコーディング風景を収録したメイキングVideo第5弾を公開