BillyCorgan

【NEWS】Smashing PumpkinsのシンガーBilly Corganが、NirvanaとPearl Jamの成功によって「自殺したくなるほどのうつ病」になったと語る

Published On 2017年3月4日 | By admin | NEWS, TOP PICKUP

Smashing PumpkinsのシンガーBilly Corganがポッドキャスト番組「Why Not Now?」に出演し、NirvanaとPearl Jamの成功がどのように自身の心の病に影響を与えたかにを語りました。(via Consequence Of Sound)

「僕は与えられたフィールドで短いスパンで大成功したけど、そこからすべてのルールが変わった。僕が作り上げてきたものすべてが必要性を失った。」とCorganは語りました。

CorganはSmashing Pumpkinsの1stアルバム「Gish」をどのようにリリースしたのかを語り、大成功したアルバムのプロモーションをしていた頃にリリースされたNirvana「Nevermind」、Pearl Jam「Ten」を見て、自分のバンドの成功は不十分だと感じたと話します。

「Smashing Pumpkinsがリリースしたアルバムは大成功した。でも僕たちがアルバムのプロモーションをしていた時にNirvanaの誰もが知っているスマッシュヒット・アルバム「Nevermind」が出て、その後Pearl Jamも出てきたんだ。そして彼らは超ビッグになった。」

「僕は与えられたフィールドで短いスパンで大成功したけど、そこからすべてのルールが変わった。僕が作り上げてきたものすべてが必要性を失ったんだ。僕は何か騙されたような気分になって、すごく変なうつ病になったんだけど、その変化が僕を、心構えができていない社外不適合者のような気分にさせたんだ。」

うつ病の時、彼は曲を書くのが難しくなり、自殺を考えていることに気付いたと話しました。

「僕は曲を書くことができなかったすごく長い憂うつな時間を経験して、これまで何度か話したけど、それを抜け出すのに本当に苦労したんだ。それは本当に自殺したくなるくらい憂うつで、その感情とただただ戦っていたんだ。僕は家の窓から飛び降りるか、自分の人生を変えるかというところにまで来ていた。すごくドラマチックに聞こえるだろうけど、実際に起ったことなんだ。」

しかしその自殺したくなる感情との戦いが、Smashing Pumpkinsの最大のヒット曲のひとつである “Today” を書くインスピレーションになったとCorganは語っています。

「ある朝起きて窓を見て思ったんだ。窓から飛び降りるつもりがないんだったら、やらなきゃいけないことは何でもやろうって。あの朝に書いたのが みんなもよく知っている “Today” だったと思う。あのアイスクリーム屋のMusic Videoの曲だよ。あれは自殺に関するひねくれた観察のようなものなんだけど、歌詞の裏にある本質は、君がありのままなら毎日は最高だってことなんだ。」
 

 
Billy Corganが出演したポッドキャストは以下。

              


NFG_記事

NM_MERCH_AD

Comments are closed.